SIerではアウトローな、事業開発の道を選んだ理由

ブログ概要

はじめまして、中村剛史です。CLUEでは事業開発、プロダクトマネージャー、開発ディレクターと色々かけもちで携わっています。 新規事業の開発やジョイントベンチャーへの出向など色々と経験しました。

ブログ内容

SIerではアウトローな、事業開発の道を選んだ理由

文系出身だったので新卒研修では補修を受けるような落ちこぼれで、最初はとても苦労しました。
いざ業務でプログラミングをはじめてみると楽しくなって、最初の数年は開発をしていました。開発業務自体は面白いと思っていたものの、やっていくうちにお客様との接点が少ないと感じるようになり、「自分はゴリゴリの技術者になりたいわけではなく、お客様と接して喜ばれることをしたい」と思うようになりました。
そのタイミングで会社初のクラウドサービス立ち上げ部隊に異動することになり、今思うとこれが始まりでした。

サービス立ち上げの部署ではプリセールス的立ち位置で営業/サービス開発に従事していました。
新規取り組みのあるあるだと思いますが、社内的には訝しがられる存在で良くも悪くも色々な意見をいただきました。(みんな良かれと思って言うので色々大変・・)ただ、最終的にはお客様に喜んでいただくことができ、この経験から「周囲の意見は聞きながらも最終的には自分達で意思決定をする」ことの重要性を学ぶことできました。
何よりこの時に、業界に対してという軸でより多くの人に貢献ができるサービス・事業を作ることに関心を持ちました。

SIerで主流の受託開発では個別のお客様と1対1で、その案件に対する意識のみになってしまい、業界や社会に対する課題解決・貢献という視点を持ちづらいのが実態だと思います(よほど意思が強ければ別かもしれません)
自分はより多くの人に貢献したいという気持ちが強く、次の働く場所として新規事業の公募へ手をあげて異動をしました。

新規事業では、企画・営業・サポート…と幅広い業務を立ち上げ当初は1~2人で進めることになります。ある意味なんでも屋です。途中、案件の責任者が不在になり、それまで経験がなかったアライアンス先との調整・契約や社内経営会議への上申など不慣れな業務をなんとか回し続けるといったこともありました。

この事業部では、会社の成長事業を立ち上げた事業部長や、元リクルートで事業開発をされてきた方など歴々のメンバーに囲まれ、企画アイデア出し千本ノックでボコボコにされるなどの経験を経て、「事業開発とはなんぞや」を学ぶことができました。

その後、商社・コンサル会社とのジョイントベンチャー企業に出向する機会もありました。

裁量権が大きい環境で、当時「1人1サービス立ち上げ」を目標に掲げている中で、実際のサービス立ち上げまでを実践的に学ぶことができました。この会社もCLUEと同じように、トライ&エラーを許容される環境でしたので、日本で流行り始めていたリーン・スタートアップに沿った事業開発を進めたり、スクラムを導入したりと色々なことにチャレンジすることができました。

出向前に比べて意思決定のスピードも早く、所属の環境でもできることは大きく変わることを実感しました。

CLUEとの出会い

CLUEからスカウトで誘いを受けた時、ちょうど転職を考えはじめていました。

転職を考えたきっかけは、自分の立ち上げたサービスが終了となったことでした。出向元に戻るか、出向先で既存事業の拡大に関わるか、あるいは別の環境に挑戦するかを考えた時に、出向先で得た貴重な経験/スキルをより活かせる環境で働きたいと思っていました。

  • 社会的課題を解決する事業をやっている
  • 自分の成長が期待できる環境
  • 一定裁量権が大きい

という3つの軸で企業を探していました。

元々の出向先も建設業向けのサービスを運営しており、「ITリテラシーが低いからITの恩恵を受けられない人をなくしたい」という自分の思いとマッチしたことも決め手になりました。