企業に入社して思うこと

ブログ概要

CLUBに入社して思うことは。 CLUBに入社して挑戦したいこと。

ブログ内容

CLUEに入社して思うこと

CLUEに入社してそろそろ半年ですが、冒頭の通り、新規事業・プロダクトマネージャー・開発ディレクターというなかなかタフな掛け持ちをしています。
以前の自分だったら、「いっぱいいっぱい無理ー!」と言って追い詰められていたと思いますが、楽しめているなぁと思った瞬間に成長したなと思います。

タフな環境ではありますが、頑張れているのは、未来の建築現場をお客様と一緒に作っていっている感覚だったり、目の前にいるお客様の課題を解決できている実感があるおかげだと思います。

開発ディレクションについても、優秀なエンジニアが揃っていて、驚くべきスピードで驚くべき機能が実装されています。
新機能について社内エンジニアに相談したところ、開発に1週間くらいかかると言われたところを(それだけでも十分早いのですが)翌日には「だいたいできました」と言ってもらった時は本当に驚きました。

CLUEのエンジニアが本当にすごいと思うのは、開発スピードだけでなく、お客様が何に困っているのか、という視点を持って提案してくれることです。
SIerにいた頃はオフショアの開発メンバーと仕様書・設計書ありきのコミュニケーションでした。今はすぐ側で相談できるだけでなく、自らお客様のところに行ってみたいと商談やユーザー会にも参加してくれるエンジニアのメンバーが揃っています。

そうやって作った新しいサービスが、導入先のキーマンとなる方から「予想以上にいいものができている」と反応いただけた時は、やっぱりとても嬉しいです。

これから挑戦したいこと

CLUEに入社してドローン業界やお客様を知るほど、CLUEは日本におけるドローン普及においてキーカンパニーにならなければならない会社だと思います。

それは、

  • 今の日本のドローン関連の会社で一番ユーザーに寄り添える会社だと思っている
  • 「ドローンが当たり前に飛び交う社会」の実現には、誰もがドローンを扱える状況を作ることがカギで、CLUEはそれができる会社だと思っている

からです。

将来的には、ドローンを建設業界のみならず他業界にも展開して、ドローンの可能性を広げていきたいです。また、業界の課題を解決していくことを軸にドローン以外の便利なロボット活用にも領域を広げていきたいと考えています。

先端テクノロジーのメリットをテクノロジーの真逆にいる人達に届けて、情報の非対称性による不公平を解消することに挑戦したいです。